So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

永源寺 [自然]

昨年の秋に紅葉を見るため永源寺を訪れました。
永源寺は南北朝時代に、
時の近江守護職、佐々木六角氏頼公が、
寂室元光禅師(正燈国師)に帰依し、
領内の土地を寄進して
伽藍を創建したことが始まりと言われています。
しかし、応仁の乱で焼け落ちた後、
衰退していましたが、
江戸時代に再興され、明治時代に
永源寺派として独立し、
坐禅研鑽、天下泰平、万民和楽を祈る道場として、
大本山となったそうです。

180105-12.jpg
(継門です)

180105-11.jpg
(山門です)
このモミジの時期は、
拝観時間が17時まで延長なっているので、
ライトアップしたモミジを見ることができます。
180105-13.jpg

180105-14.jpg

180105-15.jpg

アクセスは、
近江鉄道「八日市」駅からバスになりますが、
1時間に1~2本ですので、
時刻をよく確認してから訪れてください。
夕方はこの時期寒いです。(11/23訪問)
nice!(0)  コメント(0) 

鶏足寺 [自然]

昨年の話ですが、
5月の長浜ツーデーマーチで鶏足寺を訪れました。

鶏足寺(旧飯福寺)は、
735年僧行基によって開基された古寺です。
いったん荒廃しましたが最澄により再興。
しかし、江戸幕府の終焉とともに衰微しました。
現在は廃寺となっており、
地域住民の手によって管理されています。
(この時期は協力金200円が必要です)

180105-01.jpg
新緑の青モミジがとてもきれかったので
紅葉の季節の時に再度訪れてきました。
180105-02.jpg
同じ場所ですが、まったく感じが異なります。
180105-03.jpg
このメインのところは
一般人が立ち入ることができないようにして
自然に落ちている雰囲気を残しています。
ちょっと態とらしいところもあります。
人が多く訪れるとどうしても
落葉が痛んでしまうので
致し方ないかもしれません。
それでもその中を歩く人もいて
残念なところも見られました。

自然をそのまま楽しむことが
できなくなっていることに残念です。

せっかくいい景色を見ているので、
その部分をアップしておきたいと思います。
180105-05.jpg

180105-04.jpg

アクセスはJR北陸本線「木ノ本」駅から
臨時バスが出ています。(この紅葉の時期だけです)
料金は500円(協力金200円を含む、乗り放題です)
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 番外編(地獄巡り) [旅行記]

2017年の100kmウォークは無事完歩できました。
5月の岡山、そして10月の行橋別府、
どちらも肉刺ができることもなく、
歩けたのが何よりも良かったことです。

ゴール後、しばらくの間、他の方のゴールを
迎えていましたが、
北浜温泉(テルマス)で汗を流し、
別府駅に向かいました。
電車の予約は12時半にしていたので、
時間は3時間以上あります。
足の痛みもないので、
別府を観光することにしました。
観光案内所に聞いたところ、
地獄巡り5カ所なら十分できるだろうと言うことで
バスで行くことにしました。
別府の地獄巡りは、
海地獄・ 鬼石坊主地獄・鬼山地獄・白池地獄・血の池地獄・龍巻地獄・かまど地獄の
7カ所で共通入場券は2000円。
(HPに10%引きの割引券があります)
1カ所ごとなら400円なので、5カ所行くのなら共通券のほうが便利です。
海地獄・ 鬼石坊主地獄・鬼山地獄・白池地獄・かまど地獄は近いところにあります。

まず、海地獄へ。
180103-01.jpg
コバルトブルーの温泉が特徴です。
180103-02.jpg
足湯もありますが、パス。
温泉を利用して
オオオニバスとスイレンを栽培しています。

次は鬼石坊主地獄。
180103-03.jpg
灰色の熱泥が沸騰する様子が
坊主頭に似ている事から
この名前が付いたそうです。
ここも足湯が有り、
別料金で温泉に入ることもできます。
(ただし、泥湯でなく普通の湯です)

次は、かまど地獄。
180103-05.jpg
1丁目~6丁目までさまざまな湯の池があります。
180103-06.jpg
ここにも足湯があります。

鬼山地獄です。
180103-11.jpg
ワニ温泉とも言われており、
ワニの飼育がされています。
10時から餌付けがあると言うことですが、
ここまで来てみたいと思わないので、パス。

白池地獄。
和風庭園にある温泉で、青みを帯びた白色です。
180103-07.jpg
熱帯魚館があります。

残り、2カ所あるのですが、
バスに乗らないと行けない場所です。
最初は行く予定は無かったのですが、
小さいときから別府と言えば、
血の池地獄だったので、
訪問することにしました。
180103-08.jpg
酸化鉄、酸化マグネシウム等を
含んだ赤い熱泥が
地層から噴出、堆積するため池一面が
赤く染まります。
180103-09.jpg
これを見てこそ別府という感じです。
ここにも足湯はあります。
(赤色ではありません)
血の池地獄から湧き出る粘土から作られた
皮膚病に効く軟膏が販売されています。

最後は、間欠泉がある龍巻地獄です。
180103-10.jpg
30分に1回間欠泉が上がるそうですが、
バスの時刻に間に合わないので、パスしました。

今後も100kmウォークで
別府に行くことはあると思うけど、
地獄巡りは再度するかと言われると、
しないでしょう。
もうちょっと工夫が必要でしょう。

別府駅に向かうバスは、
100kmウォークのコースを通ります。
まだまだ歩いている方がたくさんいます。
バスの中から応援していました。
nice!(0)  コメント(0) 

初日の出 [気候]

あけましておめでとうございます。
今年も時期遅れながら
書ける範囲で記録として
残していきたいと思います。

さて、今年も初日の出を見てきました。
いつも1人で歩いて見に行くのですが、
今年は妻も見てみたいということで
電車に乗っての観賞となりました。

180101-01.jpg
雲がかかっていたので心配しましたが、
徐々に南に動いていって、
180101-02.jpg
太陽が出てきました。
180101-03.jpg


今年はカメラでも撮影。
180101-04.jpg
画質は違いますね。

大阪城も日の出で染まります。
180101-05.jpg

それでは、
今年もあまりたいした記事ではありませんが、
お付き合いのほどお願いいたします。

180101-06.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 後編  [100kmウォーク]

宇佐を過ぎると、
峠越えに入ります。
少し霧が出てきました。
まず立石峠です。
長い登り坂を登っていきます。
昨年はこの坂がきつかったのですが、
今年は余裕があります。
坂の途中で、翌日になりました。
立石峠を越え、長い坂を下っていきます。
景色がわからないので、疲れてきます。
一瞬、眠りそうになっていたこともあり、
疲れは限界状態です。
昨年は山香休憩所がぜんざい休憩箇所でしたが、
今年はこの休憩所が無く、3km先になってしまいました。
歩いている周りは、
太陽光発電のパネルがたくさん並んでいます。
昨年はこんなに無かったけど…
78.4km 七曲がり登り口でぜんざい休憩です。
171231-02.jpg
疲れた身体にはこの甘さがいいです。
ただ、飲み物が少なくなっており、自動販売機も
水やお茶の販売品が売れ切れています。

杖を借りて、峠に臨みます。
昨年は何回も息切れが起こっていましたが、
杖はつくものの、今年は休憩することもなく、
峠の最高峰に着きました。
今度は下り坂です。
昨年より道が歩きやすくなっており、
昨年より太陽光パネルが多く観られました。
出口を過ぎ、赤松峠の登り口に到着。
ここが次のチェックポイントまでコンビニがないので、
休憩を取っていますが、
ことしはそのまま赤松峠に登りました。
昨年の苦しさが嘘のようで、
今年はあまり苦労なく登っていけます。
長い下り坂を過ぎると、第3チェックポイントの日の出に着きました。
昨年より2時間早く到着です。
残り23km。まだ外は暗い状態です。
靴下を交換して、リスタート。
スピードは上がらないのですが、別府湾に到着。
ようやく明るくなりつつある空を
眺めながらの歩行です。
のこり5km付近で「がんばれおじさん」に会います。
この方は、すべて歩行者に声を掛けています。
「がんばれ!、フォームはいいぞ!」と
声を掛けていただきました。

残り4km。
171231-03.jpg
スマホもようやくまともに動き始めました。
残り1km。
171231-04.jpg

ここまで来れば、あとわずかです。
そして、昨年より3時間早く
ゴールすることができました。
171231-05.jpg
岡山のゴールタイムよりは
約2時間ほど遅いですが、
コースの難易度も高いし仕方ありません。

6回目の100kmウォークですが、
6回も完歩できました。
これもいろんな方のサポートのおかげです。
ありがとうございました。

来年以後も歩けるよう
がんばっていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 中編 [100kmウォーク]

今年もあとわずかですね。
なんとかしてこの記事だけでも終わりたいと思います。

第1チェックポイントを過ぎて歩いていると、
すごく早さで歩いてくる人が近づき、
あっという間に抜かされてしまいました。
今回競歩の選手が参加されていて
みんなが出発した後から歩き始めた方です。
名前は、 樋熊敬史 で、本当に素晴らしい歩き方で
行ってしまいました。
2位にゴールしたそうですが、
4500人も抜かしたことになります。

40km地点のTOTOの中津工場に到着。
いつもトイレ休憩箇所として開けていただいています。
最新のトイレを使えるということ、
温かいお茶の提供があるので、休むことに。
このときに壊れたスマホを触ってみると、
171231-01.jpg
1枚取れました!
スタート時に触っても全く反応が無かったのに…
ただ電池が残り1%だったので、
とりあえずリュックで充電することにしました。

この後、暗闇の中を歩いて行きます。
41.4km 土屋農園で梨の提供
この後、前半の暑さとスピードアップが効いたのか
思ったほどスピードが出ません。
足の裏が熱く感じ、
肉刺ができる手前の感じがします。
前を歩いている方に付いていくのが精一杯です。
53.7km ジョイフルさんのスープ提供、
ブルーシートが敷いていて、いすもあったので、
ここで休憩することにしました。
靴を脱ぐと、靴下がかなり濡れています。
ここで、靴下を交換することにしました。
水の補給もしていただき、リスタート。
夜になっても気温が下がらないので、
疲れがたまります。
第2チェックポイントの宇佐では、
うどんの販売がありますが、
昨年はかなりの人が並んでいたので、
途中のコンビニで夕食を購入。
スタートして、10時間半で
61.6kmの宇佐に着きました。

ごはんを食べている間、
靴を脱いで足を休めます。
気温がようやく下がってきたので、
上着を脱ぎ、夜の備えに替えます。
昨年より1時間早くリスタートできました。

続く
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 前編 [100kmウォーク]

続きを書いていきます。
(前回書いたとおり、スマホがつぶれて写真がありません。あしからず)

開会式は、行橋正八幡宮。
白ゼッケンの人から先に境内の中には入れます。
速度の速い人から先に出発できるようになっています。
黄色、青ゼッケンはまだ並ぶことができません。
しかし、人の数が増えてきたので、
昨年より早い時間に境内の中には入れるようになりました。
一旦境内に入ると、トイレに立つこともできません。
11時20分、飛龍八幡太鼓の演奏から始まりました。
司会者の宮崎さんのいつものあいさつ。
「1500人の初参加の方、ようこそ100kmウォークへ、
 そして、おかえり!全国のどMども~」「イエ~!」
とうとう私もどMの仲間になってしまいました(^_^;)
まだ、黄色ゼッケンですが……

主催者の挨拶、お祓い、そして最高年齢90歳の方による選手宣誓
(この方は時間内に完歩されています)
12時に、スタートです。
ただ4500名の方が参加しているので、
混雑を避けるため、
1分間のみ開門、2分間閉門する
ウェーブスタートを実施しています。
黄色ゼッケンの私は、24分遅れでスタート。
周りの方に声援をいただきながら歩いて行きます。
今川の河川敷に出ますが、
多くの人が歩いているので、なかなか前にいくことができません。
自分のスピードで歩けません。
2.9km先にある沈下橋に到着。
前日に雨が降った影響でかなりの水が流れていています。
そんなこともあって、いつもよりこの橋のところで渋滞が生じています。
私も5分くらい待つことになりました。
(最後に出発した方は、30分ほど待ったようです。
 写真が撮れていたなら、沈下橋の様子が撮れたのに…)
沈下橋を渡ったところにいつもみんなとハイタッチされている
プロペラ君は今回はおられませんでした。

この後、海岸沿いを歩いて行きます。
昨年の雨と違って、今年は晴天。
真っ青の空と海が気分良く歩けます。
(写真を撮りたい~)

ただ、暑かった!
かなりの勢いで水を飲んでます。
スタートしてからしばらくの間、店もなく、
自動販売機も見当たりません。
昨年そういうことを感じていたので、
スタート時にペットボトル2本を持って
出発しています。正解でした!

9km地点でトイレ休憩。
かなり早い時間から開会式に並んでいたので、
この辺りでいつも休憩ポイントになっています。
この後、砂浜を歩く長井浜となるのですが、
今年は潮が引いたばかりの時間に当たり、
砂浜が歩けないということで
林の中の迂回路を歩くことになりました。
ここもひとりだけしか歩けないので、
やや渋滞になっています。
順調に歩けて、周りで歩いている方の集団が
白ゼッケンを付けている方が増えてきました。
かなり前のほうまできたことになります。
そろそろ同じ速度で歩く集団に取り込まれそうです。
15.6kmの築城公園でコカコーラ会社による
100円ペットボトルの販売。
冷たい飲み物を買えたので、一気に飲んでしまいました。

この後、国道10号線に沿って歩くため、
歩道が狭くなり、集団歩行に近い歩き方になります。

昨年は雨の中歩いていたので、
辛い思い出しかないのですが、
今年はいろいろと眺めながら歩いています。
自動販売機の飲み物が既に無くなっていたり、
ゴミ箱が一杯になっていたら、ゴミ袋を替えたりしている方、
当然ゴミ拾いしながら歩いている方もいます。
歩くだけで精一杯なので頭があがります。
20km地点の浜の宮大橋の給水ポイントを通過。
疲れが出てきました。

第1チェックポイントの中津公園に
18時過ぎに到着。
昨年より30分ほど早いかな。
昼ご飯用に買っていたコロッケパンを食べ、
ライトの準備ができたら、
10分ほどの休憩でリスタートしました。
昨年は雨が降っていたことも有り、
30分ほど休んでしまったので
同じように長期間休むこともないようにしました。

続く

nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 出発前 [100kmウォーク]

この3連休はいい天気でしたね。
この3連休には、9月の台風で中止になった
第4回飯塚ー武雄100kmウォークが
開催されました。
前回、参加申し込みされた方のみ参加可能だったのですが、
私は申し込みしませんでした。

理由は、
仕事が忙しいため、前日九州入りができない、
もう一つは最近お金を落としてしまい
参加交通費がでない…
金額は、九州に行く程度でしたが、
かなりショックでした。
九州まで行ったものとして諦めました。

参加者の完歩率は79%だったそうで、
参加された方、スタッフの方、
本当にご苦労様でした。

さて、記事は一月前の 行橋-別府100キロウォーク について書きたいと思います。
100kmウォーク参加時には、
前日入りすることにしています。
当日の朝はゆっくり寝られること、
(当日出るとなると、朝4時起きになる)
朝食を通常時間に取れること、
そのために前日に動きます。
土曜日に開催されるので、
金曜日、仕事を終わってから動くことになります。
そのため、最終の新幹線で移動。
ごはんを食べたあと、ビールで前祝い。
小倉まで一眠りです。
ホテルは、ほぼ西鉄イン小倉に泊まっています。
駅から徒歩7分程度離れていますが、
大浴場と、朝食が500円でなかなかです。
大浴場の利用が24時までのため、
慌てて利用して、休みました。
171105-02.jpg
翌朝も朝風呂に入り、食事に向かいます。
バイキングですが、小倉名物もあります。
焼きうどん、いわしのじんだ煮、朝カレー。
171105-03.jpg
(手前はなんとか豆腐…忘れてしまいました)
タンパク源を中心に食べました。
(カレーは食べていません)
行橋に向かうため、小倉駅に向かいます。
171105-04.jpg
(モノレールが走っています)

普通電車で35分くらいかかり、
特急なら次の停車駅で15分。
ただ、特急は博多始発のため、
自由席には座れないし、指定席も一杯。
普通電車で座って向かいます。
電車の中は参加者ばかりです。

行橋駅に降りると、歓迎ムード一色。
171105-05.jpg
看板に、コモちゃんとの記念写真会。
171105-06.jpg

最近、よく撮るようになったマンホールも
171105-07.jpg
きれいです。
市の木「モクセイ」、市の花「コスモス」、今川の堰。

会場で受け付け。
今年も黄色ゼッケン。
白色ゼッケンが20時間未満でゴールした人。
青色ゼッケンが初参加者(今年から)
そして20時間以上かかる方は黄色です。
今年は白ゼッケンになるように
ゴールしたいものです。

荷物を預けて、
スタート位置で写真を撮ってもらい、
171105-08.jpg
まだ時間があるので、周りの様子の写真を撮ろうと思ったのですが、
スマホが真っ黒になった状態で反応しない。
朝、フル充電したはずなのに…
電源の入れ直しをしたけど、
全く反応がない。
スマホが使えないとなると、
時刻がわからない、
時速がわからない、
位置関係もわからない、
写真も撮ることができない
と困った状態です。
ただ、本体が熱くなっているので、
何らかの反応はあるよう。
終わってから修理に出すことにして、
今回は諦めて、
歩くことに集中することにしました。

つづく。
nice!(0)  コメント(0) 

第5回おごと温泉びわ湖パノラマウォークin2017 2日目 [ウォーキング]

今日は台風22号の接近で、
昨日の段階で大阪シティウォーク、大阪地下鉄ウォーク、
伊勢志摩ツーデーウオークの2日目も
中止となりました。
実際、雨はかなり降っています。
みなと町神戸ツーデーマーチの2日目は?
どうなのかわかりません。

さて、記事はおごと温泉びわ湖パノラマウォークの2日目について報告したいと思います。
2日目は新しいコースで、
JR石山駅の集合です。
171029-01.jpg
初めて石山駅を降りました。
2Fの南口に、銅像がありました。
171029-02.jpg
誰かなと思って説明を見ると、松尾芭蕉。
芭蕉って、伊賀上野の生まれでは?何故石山に?
後で調べると、40代に過ごした「幻住庵」が
石山駅近くにあるそうです。
大阪で亡くなったことは知っていましたが、
芭蕉を巡るウォークも楽しそうです。

初めてのコースでもあり、
後ろからゆっくり歩きます。
国道1号線の瀬田川大橋を渡り、
町の中をぐるぐる歩きます。
何故このコースと思っていたのですが、
建部大社に向かいました。
171029-03.jpg
建部大社は日本武尊を祀ったのが創建
とされているとのことで、
近江の守護神として675年に
現在地に遷座されたそうです。
171029-16.jpg
拝殿です。
神秘的ですね。
もっとゆっくり回りたいのですが、
列の最後のほうを歩いているので、
最終アンカーに抜かれてしまうので、
また後日回りたいと思います。

その後、瀬田唐橋を渡ります。
171029-04.jpg
日本三大名橋の一つ(京都の宇治橋、山崎橋)で
大和時代から掛けられていた橋だそうです。
明治22年まで瀬田川にかかる
唯一の橋ということで、
交通の要だったそうです。
写真として撮るには、京都側からのほうがよかったようです。
次回歩くことがあったときの宿題にしたいと思います。
京阪石山寺線に沿って上り、
石山寺前で第1チェックポイント。
171029-05.jpg
石山寺は747年に聖武天皇の勅願により創建され、
平安時代には、貴族等が参拝する「石山詣」が盛んになったようです。
そういえば、
石山駅近くに旅館が多くありましたが、
開いてるのかどうかわからない状態でした。
ここで泊まるのなら、今なら
京都で泊まるでしょうね。
さて、東大門をくぐると、
しばらくは歩けるのですが、
くぐる石からは有料になっていました。
171029-06.jpg
(くぐる石は右奥)
参拝料の割引や最終出発時刻を決めていただくと
中まで入ることができますが、
アンカーに抜かれることを心配すると、
ゆっくり見学できません。
(関係者の方、ご検討のほどを)
また、宿題の地ができてしまいました。
瀬田川ぐるり散歩道で瀬田川に沿って下っていきます。
171029-07.jpg
瀬田唐橋をくぐり、膳所城跡公園にきました。
膳所城ってあまりきいたことないのですが、
徳川家康が関ヶ原の合戦の後に
作らせた城だそうです。

現在は石碑があるだけだそうです。
(公園の入口に模擬門があるとか)
また、近くに近江八景の一つ名勝「粟津の晴嵐」があります。
171029-08.jpg

晴れでも強風で松並木の枝葉がざわめく様子から晴嵐と言われたようです。
昨日通ったなぎさ公園を反対に歩き、
大津港で第2チェックポイント。

この後、山手に入り、
長等神社に向かいます。
171029-09.jpg
長等神社は、
667年頃の近江大津宮の鎮護として
長等山岩座谷の霊地に須佐之男命を祭祀されたのが起源だそうです。

次に三井寺に向かいます。
171029-10.jpg
三井寺は、正式には「長等山園城寺」といい、
天台寺門宗の総本山です。
ここもかなりの広さがあるようで
ゆっくり参拝したいと思います。

この後、京阪線沿いに歩き、
近江神宮に向かいます。
171029-11.jpg
近江神宮は天智天皇をお祀りし、近江大津宮跡に昭和15年に鎮座しています。
歴史はまだ新しい神社ですが、
趣深い感じはあります。
天智天皇が、小倉百人一首の巻頭に
「秋の田のかりほの庵のとまをあらみわが衣手は露にぬれつつ」(私が覚えている7首の一つ)
と残されていることもあって、
現在は「かるたの殿堂」と称され、
いろいろなかるた大会がここで行われています。
漫画「ちはやふる」の人気もあって注目されています。(漫画は知らないが)
171029-12.jpg

さらに北に進み、日吉神社に着きました。
171029-13.jpg
ここは全国に約2,000社ある日吉・日枝・山王神社の総本社です。
大和時代からあったようで、
近江京時代は、鎮護のため大神神社の神が勧請されたらしい。
さらに平安時代は、
京の鬼門の位置に当たることから、
鬼門除け・災難除けの社として
崇敬されるようになったらしい。
最澄が比叡山上に延暦寺を建立したときは、天台宗・延暦寺の守護神として崇敬されたとのこと。
織田信長の比叡山焼き討ちにより、
ここも焼かれたが、
豊臣秀吉らによって復興され、
その時の建物が現在に残っているとのこと。
ここの神の使いは、
「神猿(まさる)」さんで、
境内にいる神猿さんの彫刻があるそうです。
(実際に猿も飼われているようです)
モミジの名所としても有名だそうです。
ここから比叡山へケーブルカーが出ています。

この後、西教寺に向かいます。
171029-14.jpg
聖徳太子が恩師である高麗の僧慧慈、慧聡のために創建されたと言われています。
ここも比叡山焼き討ちで焼失していますが、
明智光秀が復興に手を尽くしたとのこと。

今回新たにできたコースで、
歴史的にゆかりのあるところを歩けました。
本当に良いコースでした。
関係者に感謝します。

ゴール後は、いつもの通り、温泉へ。
今回は、3年前にも行ったことがある湯元館へ。
3つの浴場には入れるのですが、
今回は一つ浴場でゆっくり入りました。
新しい旅館の温泉にも行きたいのですが、
どうしても会場に近い旅館に行ってしまいます。

本日のコース。
171029-15.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第5回おごと温泉びわ湖パノラマウォークin2017 1日目 [ウォーキング]

週末ごとに雨や台風が来て歩いていません。
毎週のように歩いていた人が
歩かなくなると、急に体重が増えてきます。
今日は雨の中、
いろいろな大会があったようですが、
参加しませんでした。
雨の中のウォーキング、
寒くなると身体に堪えます。
明日(10/29)はほぼすべての大会が中止が
すでに発表されています。

さて、今日は9/9~10に行われた
おごと温泉びわ湖パノラマウォークについて書きたいと思います。
この大会、第1回から参加しており、
5年連続の参加です。
(かと行っても何の特典もありません)
この大会の特徴は
フルマラソンと同じ距離が歩けること、
そして終わったあと、
500円で温泉に入れることです。
さらにこの後始まる100kmウォークの前哨戦としてあてることができるので
参加しております。
今年も天気に恵まれました。

スタートは雄琴湖岸緑地公園。
関係者の挨拶から始まり、
171028-11.jpg
マスコットはおおつ光ルくん。
今年は反時計回りに琵琶湖南湖一周です。
国道沿いを南下し、
鐘淵化学側を通過。
171028-12.jpg
最近地方に行ったときに思うのは、
太陽パネルの設置が増えたなあと。
何もしないなら
設置した方が良いのかもしれませんが、
こんな処なら他に利用したほうがよいのでは。

若宮神社、唐崎神社を過ぎ、
第1チェックポイントの大津港にきました。
ここで11km地点、ペース良く歩けています。
給水を受けて、歩き始めます。
大津なぎさ公園を過ぎ、
近江大橋が見えてきます。
171028-13.jpg
ここからが、
このコースのきついところが始まります。
琵琶湖の東岸は何もなく、
景色もほとんど変わりません。
そのため、前に進んでいる感じがしません。
さらにコンビニ、自動販売機もなく、
水分の補充ができないつらさがあり、
ましてやまだ暑さが残る9月上旬のウォーク、
堪えます。
171028-14.jpg
(帰帆北橋から大津方面を眺める)
ただ歩き慣れた道と、
わずかなカーブでも身体が覚えていて、
歩いている位置がよく分かるようになりました。
そうなると、歩く目標ができ、
自然と身体が前に出てきます。
100kmウォークのときも
コースがわかっていると、
気持ちの上でも本当に楽になります。
それと、今回はMさんといっしょに
歩いていたので、楽だったかもしれません。

第2チェックポイントの烏丸半島にきました。
時間は11時半ですが、朝ご飯が早かったので、
私は、昼食ポイントにしました。
42km歩く時は、途中で何か食べた方が
後半の疲れ方が違うことを感じています。

さらに北上していき、
ようやく琵琶湖大橋が見えてきました。
171028-15.jpg
今年はいきなり琵琶湖大橋を渡るのではなく、
ピエリ守山というショッピングセンターによって、
第3チェックポイントを
受けることになっています。
ここで33kmです。

残り9kmで、琵琶湖大橋に望みます。
171028-16.jpg
琵琶湖大橋は、全長1400m、最大高さは26.3mもあり、船舶が通れるようになっています。
高さ26.3mが
ウォーキングには辛いのですけど…
これまでは
道の駅がチェックポイントだったけど、
通過し、黄色くなった田んぼを歩いて行きます。
浮御堂を通過。
171028-17.jpg
ここまでくると残り4km。
東洋紡の研究所を通過し、
給水ポイントの衣川緑地公園を通過。
残り2kmとなりました。
国道沿いに歩くのだけど、
ここも辛い、
コンビニで「ガリガリ君」を買おうと思いながら、
何故か通り過ぎてしまい、
ゴールのおごと温泉観光公園に着きました。
ほぼ6.5km/hと歩き通したようで、
100kmウォークの練習になりました。

いつも振るまわれる「浪の音」をいただきます。
本当においしいお酒です。
あまり飲むと風呂に行けなくなるので、
少しだけにして温泉に行きます。
今回は、昨年に引き続き
びわ湖花街道さんにおじゃましました。
歩いた後の温泉は最高です。

本日のコース。
171028-18.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。