So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

京都水族館 [旅行記]

ニフレルに引き続き、京都水族館に行ってきました。
梅小路公園にあります。
180513-01.jpg
これまで梅小路公園はウォーキングの集合場所にもなっていたので、
外から何回もなく眺めていましたが、
一度も行くことはありませんでした。
人気の魚たちの展示と京都の海の様子を再現しています。
京都?海?
日本海側の海のことです。
180513-03.jpg
また、オオサンショウウオの展示が特徴になっていました。
180513-02.jpg
ぬいぐるみでも売られていました。
180513-08.jpg
(買う人がいるのかな?)
ペンギンの餌やりの様子を間近で見られたり、
180513-04.jpg
(餌待ちているペンギン)
どのペンギンにえさを与えたか把握しながら
行っているのがすごいです。
また、イルカのショーもあります。
180513-06.jpg
(ペンギンと同じスタッフだったので、大変そうですね)
ミズクラゲや
180513-05.jpg
チンアナゴの展示が印象的でした。
180513-07.jpg

昼食は近くのうどん屋さん「みなも」に食べました。
訪問したのが冬の寒い時期だったので、
あんかけうどんをいただきました。
180513-09.jpg
明太子と玉子とじのあんかけうどん
180513-10.jpg
揚げもちと明太子のあんかけうどん
nice!(0)  コメント(0) 

ニフレル [旅行記]

ご無沙汰しております。
記事もたまっていますが、
なかなか各時間がなく、更新できていません。

今日は12月の末、にニフレルに行ったことを書きたいと思います。
ニフレルは大阪の万博公園にある水族館です。
180512-01.jpg
(今はこの太陽の塔の中に入れるほうが
 話題でしょうが行けていません。)
小さな水槽に人気のある魚が展示されています。
一つ一つの水槽で水の循環をされており、
海水が手に入らないところでも展示可能になっています。
小さな水槽なので身近で見ることができます。
触れる魚としてドクターフィッシュがいます。
180512-02.jpg
本当に手に魚が寄ってきます。
また、身近なところで生き物がみられるところがいいですね。
180512-03.jpg
ペンギンとか
180512-04.jpg
カピパラもいます。
ホワイトタイガーもいます。
魚だけでなく、動物たちもいます。
従来の水族館でなく、身近に魚や動物がみられます。
少し、料金は高いですが(大人1900円)、
小さな子供がいる人や若いカップルには
良いところでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

今年も岡山24h100km歩行の時期がきました [100kmウォーク]

今年も5/3に岡山24h100km歩行が開催されます。
昨年まで3年間連続して参加してきましたが、
今年は都合で参加できません。
最近100kmウォークの関連で当方のブログを
見に来られている方が多いようなので、
過去に歩いた先輩として助言を書きたいと思います。

100㎞ウォークは
準備なく歩ける距離ではありません。
しかし、
根性(気持ち)と準備をしっかりしておけば、
なんとか24時間以内には歩けます。
岡山は5月なので、気候的には歩けやすい時期ですが、
天気が良ければ30℃まで上がることがあり、
一挙に体力を奪います。
また夜は10℃まで下がることもあります。
身体が冷えると、急に足が動かなくなります。
身体を冷やすことなく、
また長い休憩は逆に歩けなくなります。
そういう意味では
その日の天候を考えて
準備しておく必要があります。
当ブログの記事の準備編を参考にしてください。

後は、「100km歩くんだ!」という気持ちを
ずっと持ち続けることです。
なんで歩いているの?と思ってしまうと
急に足が止まり、歩けなくなります。

練習の成果を十分に生かせて
100km歩くことを楽しんでください。
24時間も楽しめるイベントは
これしかありません。
皆様の完歩と大会の成功をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

国際センター駅の記念碑 [旅行記]

ご無沙汰しております。
今年になってからいろいろとありまして、
ブログのアップができませんでした。
連休に入って、ちょっと時間ができたので、
記事を書きたいと思います。

先週の日曜日(4/22)に羽生結弦選手のパレードがありましたね。
そういえば、去年の12月に仙台にいったときに
いつものウォーキングの時に聖地を回っていたので、
記事にしたいと思います。

地下鉄東西線の「国際センター」駅を降りると、
そこには記念碑があります。
180429-01.jpg
なぜここにあるのかというと
ここは仙台城の一部で五色沼というところであり、
明治時代後半、ドイツ語教師が
当時の旧制第二高等学校の生徒に
フィギュアスケートを教えた地であり、
指導を受けた同校生徒が全国各地で
フィギュアスケート普及に努めたことから、
日本フィギュアスケート「発祥の地」と
呼ばれるようになったそうです。
180429-02.jpg

仙台はフィギュアスケートが
地についていたということですね。

いつもながら、歩いて
青葉城跡まで行ってきました。
180429-03.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

永源寺 [自然]

昨年の秋に紅葉を見るため永源寺を訪れました。
永源寺は南北朝時代に、
時の近江守護職、佐々木六角氏頼公が、
寂室元光禅師(正燈国師)に帰依し、
領内の土地を寄進して
伽藍を創建したことが始まりと言われています。
しかし、応仁の乱で焼け落ちた後、
衰退していましたが、
江戸時代に再興され、明治時代に
永源寺派として独立し、
坐禅研鑽、天下泰平、万民和楽を祈る道場として、
大本山となったそうです。

180105-12.jpg
(継門です)

180105-11.jpg
(山門です)
このモミジの時期は、
拝観時間が17時まで延長なっているので、
ライトアップしたモミジを見ることができます。
180105-13.jpg

180105-14.jpg

180105-15.jpg

アクセスは、
近江鉄道「八日市」駅からバスになりますが、
1時間に1~2本ですので、
時刻をよく確認してから訪れてください。
夕方はこの時期寒いです。(11/23訪問)
nice!(0)  コメント(0) 

鶏足寺 [自然]

昨年の話ですが、
5月の長浜ツーデーマーチで鶏足寺を訪れました。

鶏足寺(旧飯福寺)は、
735年僧行基によって開基された古寺です。
いったん荒廃しましたが最澄により再興。
しかし、江戸幕府の終焉とともに衰微しました。
現在は廃寺となっており、
地域住民の手によって管理されています。
(この時期は協力金200円が必要です)

180105-01.jpg
新緑の青モミジがとてもきれかったので
紅葉の季節の時に再度訪れてきました。
180105-02.jpg
同じ場所ですが、まったく感じが異なります。
180105-03.jpg
このメインのところは
一般人が立ち入ることができないようにして
自然に落ちている雰囲気を残しています。
ちょっと態とらしいところもあります。
人が多く訪れるとどうしても
落葉が痛んでしまうので
致し方ないかもしれません。
それでもその中を歩く人もいて
残念なところも見られました。

自然をそのまま楽しむことが
できなくなっていることに残念です。

せっかくいい景色を見ているので、
その部分をアップしておきたいと思います。
180105-05.jpg

180105-04.jpg

アクセスはJR北陸本線「木ノ本」駅から
臨時バスが出ています。(この紅葉の時期だけです)
料金は500円(協力金200円を含む、乗り放題です)
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 番外編(地獄巡り) [旅行記]

2017年の100kmウォークは無事完歩できました。
5月の岡山、そして10月の行橋別府、
どちらも肉刺ができることもなく、
歩けたのが何よりも良かったことです。

ゴール後、しばらくの間、他の方のゴールを
迎えていましたが、
北浜温泉(テルマス)で汗を流し、
別府駅に向かいました。
電車の予約は12時半にしていたので、
時間は3時間以上あります。
足の痛みもないので、
別府を観光することにしました。
観光案内所に聞いたところ、
地獄巡り5カ所なら十分できるだろうと言うことで
バスで行くことにしました。
別府の地獄巡りは、
海地獄・ 鬼石坊主地獄・鬼山地獄・白池地獄・血の池地獄・龍巻地獄・かまど地獄の
7カ所で共通入場券は2000円。
(HPに10%引きの割引券があります)
1カ所ごとなら400円なので、5カ所行くのなら共通券のほうが便利です。
海地獄・ 鬼石坊主地獄・鬼山地獄・白池地獄・かまど地獄は近いところにあります。

まず、海地獄へ。
180103-01.jpg
コバルトブルーの温泉が特徴です。
180103-02.jpg
足湯もありますが、パス。
温泉を利用して
オオオニバスとスイレンを栽培しています。

次は鬼石坊主地獄。
180103-03.jpg
灰色の熱泥が沸騰する様子が
坊主頭に似ている事から
この名前が付いたそうです。
ここも足湯が有り、
別料金で温泉に入ることもできます。
(ただし、泥湯でなく普通の湯です)

次は、かまど地獄。
180103-05.jpg
1丁目~6丁目までさまざまな湯の池があります。
180103-06.jpg
ここにも足湯があります。

鬼山地獄です。
180103-11.jpg
ワニ温泉とも言われており、
ワニの飼育がされています。
10時から餌付けがあると言うことですが、
ここまで来てみたいと思わないので、パス。

白池地獄。
和風庭園にある温泉で、青みを帯びた白色です。
180103-07.jpg
熱帯魚館があります。

残り、2カ所あるのですが、
バスに乗らないと行けない場所です。
最初は行く予定は無かったのですが、
小さいときから別府と言えば、
血の池地獄だったので、
訪問することにしました。
180103-08.jpg
酸化鉄、酸化マグネシウム等を
含んだ赤い熱泥が
地層から噴出、堆積するため池一面が
赤く染まります。
180103-09.jpg
これを見てこそ別府という感じです。
ここにも足湯はあります。
(赤色ではありません)
血の池地獄から湧き出る粘土から作られた
皮膚病に効く軟膏が販売されています。

最後は、間欠泉がある龍巻地獄です。
180103-10.jpg
30分に1回間欠泉が上がるそうですが、
バスの時刻に間に合わないので、パスしました。

今後も100kmウォークで
別府に行くことはあると思うけど、
地獄巡りは再度するかと言われると、
しないでしょう。
もうちょっと工夫が必要でしょう。

別府駅に向かうバスは、
100kmウォークのコースを通ります。
まだまだ歩いている方がたくさんいます。
バスの中から応援していました。
nice!(0)  コメント(0) 

初日の出 [気候]

あけましておめでとうございます。
今年も時期遅れながら
書ける範囲で記録として
残していきたいと思います。

さて、今年も初日の出を見てきました。
いつも1人で歩いて見に行くのですが、
今年は妻も見てみたいということで
電車に乗っての観賞となりました。

180101-01.jpg
雲がかかっていたので心配しましたが、
徐々に南に動いていって、
180101-02.jpg
太陽が出てきました。
180101-03.jpg


今年はカメラでも撮影。
180101-04.jpg
画質は違いますね。

大阪城も日の出で染まります。
180101-05.jpg

それでは、
今年もあまりたいした記事ではありませんが、
お付き合いのほどお願いいたします。

180101-06.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 後編  [100kmウォーク]

宇佐を過ぎると、
峠越えに入ります。
少し霧が出てきました。
まず立石峠です。
長い登り坂を登っていきます。
昨年はこの坂がきつかったのですが、
今年は余裕があります。
坂の途中で、翌日になりました。
立石峠を越え、長い坂を下っていきます。
景色がわからないので、疲れてきます。
一瞬、眠りそうになっていたこともあり、
疲れは限界状態です。
昨年は山香休憩所がぜんざい休憩箇所でしたが、
今年はこの休憩所が無く、3km先になってしまいました。
歩いている周りは、
太陽光発電のパネルがたくさん並んでいます。
昨年はこんなに無かったけど…
78.4km 七曲がり登り口でぜんざい休憩です。
171231-02.jpg
疲れた身体にはこの甘さがいいです。
ただ、飲み物が少なくなっており、自動販売機も
水やお茶の販売品が売れ切れています。

杖を借りて、峠に臨みます。
昨年は何回も息切れが起こっていましたが、
杖はつくものの、今年は休憩することもなく、
峠の最高峰に着きました。
今度は下り坂です。
昨年より道が歩きやすくなっており、
昨年より太陽光パネルが多く観られました。
出口を過ぎ、赤松峠の登り口に到着。
ここが次のチェックポイントまでコンビニがないので、
休憩を取っていますが、
ことしはそのまま赤松峠に登りました。
昨年の苦しさが嘘のようで、
今年はあまり苦労なく登っていけます。
長い下り坂を過ぎると、第3チェックポイントの日の出に着きました。
昨年より2時間早く到着です。
残り23km。まだ外は暗い状態です。
靴下を交換して、リスタート。
スピードは上がらないのですが、別府湾に到着。
ようやく明るくなりつつある空を
眺めながらの歩行です。
のこり5km付近で「がんばれおじさん」に会います。
この方は、すべて歩行者に声を掛けています。
「がんばれ!、フォームはいいぞ!」と
声を掛けていただきました。

残り4km。
171231-03.jpg
スマホもようやくまともに動き始めました。
残り1km。
171231-04.jpg

ここまで来れば、あとわずかです。
そして、昨年より3時間早く
ゴールすることができました。
171231-05.jpg
岡山のゴールタイムよりは
約2時間ほど遅いですが、
コースの難易度も高いし仕方ありません。

6回目の100kmウォークですが、
6回も完歩できました。
これもいろんな方のサポートのおかげです。
ありがとうございました。

来年以後も歩けるよう
がんばっていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 

第19回 行橋-別府100キロウォーク in 2017 中編 [100kmウォーク]

今年もあとわずかですね。
なんとかしてこの記事だけでも終わりたいと思います。

第1チェックポイントを過ぎて歩いていると、
すごく早さで歩いてくる人が近づき、
あっという間に抜かされてしまいました。
今回競歩の選手が参加されていて
みんなが出発した後から歩き始めた方です。
名前は、 樋熊敬史 で、本当に素晴らしい歩き方で
行ってしまいました。
2位にゴールしたそうですが、
4500人も抜かしたことになります。

40km地点のTOTOの中津工場に到着。
いつもトイレ休憩箇所として開けていただいています。
最新のトイレを使えるということ、
温かいお茶の提供があるので、休むことに。
このときに壊れたスマホを触ってみると、
171231-01.jpg
1枚取れました!
スタート時に触っても全く反応が無かったのに…
ただ電池が残り1%だったので、
とりあえずリュックで充電することにしました。

この後、暗闇の中を歩いて行きます。
41.4km 土屋農園で梨の提供
この後、前半の暑さとスピードアップが効いたのか
思ったほどスピードが出ません。
足の裏が熱く感じ、
肉刺ができる手前の感じがします。
前を歩いている方に付いていくのが精一杯です。
53.7km ジョイフルさんのスープ提供、
ブルーシートが敷いていて、いすもあったので、
ここで休憩することにしました。
靴を脱ぐと、靴下がかなり濡れています。
ここで、靴下を交換することにしました。
水の補給もしていただき、リスタート。
夜になっても気温が下がらないので、
疲れがたまります。
第2チェックポイントの宇佐では、
うどんの販売がありますが、
昨年はかなりの人が並んでいたので、
途中のコンビニで夕食を購入。
スタートして、10時間半で
61.6kmの宇佐に着きました。

ごはんを食べている間、
靴を脱いで足を休めます。
気温がようやく下がってきたので、
上着を脱ぎ、夜の備えに替えます。
昨年より1時間早くリスタートできました。

続く
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -