So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大阪城公園 梅園(2017/3/20) [自然]

毎週のように大阪城公園には散歩していたのですが、
なかなかアップできずにいました。

もうかなり終わっていまして、
遅咲きの梅が満開と行ったところです。
定点1の状態。
170320-01.jpg
定点2の状態。
170320-02.jpg
まだ花が咲いている様子は見られるでしょう。

170320-04.jpg
「豊後」で、梅と杏(アンズ)との雑種だそうです。

170320-05.jpg
「思いのまま」、白い花とピンクの花が同じ木から咲いています。

170320-03.jpg
(淋子梅で、八重の梅です。)

もう来週には梅を観ることは難しいのではないかと思います。
そのうち、桜の季節になるでしょう。



もう一つの季節花、桃花。
早咲の白い花「太閤」が見頃になってきました。
170320-06.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

第8回みなと町神戸ツーデーマーチ 1日目(10/29) [ウォーキング]

みなと町神戸ツーデーマーチは
第3回から参加しているのですが、
仕事の関係で1日しか参加できていなかったのですが、
今年は日程がずれたので、参加可能になりました。
ここは、毎年1日目と2日目を
入れ替えて実施されており、
毎回、道を変更されているので、
楽しみながら歩けます。

1日目は東コースの30kmに参加。
みなとのもり公園を8時にスタート、
人と防災未来センター前を通過し、
酒造通りを通っていきます。
ただ、先にこのコースを歩くと、
朝が早いため、酒造が開館されていないので、
試飲はできません。
されが残念です。(20kmコースなら可能)
今年は六甲大橋を通り、
170225-02.jpg
六甲アイランドを通るように変更されていました。
今日は天気がいいので、とても海がきれいに見えます。
170225-01.jpg
六甲アイランドに入り、小磯記念美術館の前を通過。
170225-03.jpg
第1チェックポイントであるシティヒル西緑地を通過。
住宅地の中を歩きます。
ちょうど、ハロウィーンの季節、仮装まつりが行われていました。
再度、六甲大橋を渡り、
170225-04.jpg
住吉川公園へ。
六甲アイランドを回ってきたので、10時を過ぎています。
ここで、道を外れると菊正宗酒造の記念館に行けるのですが、
少し行ったところに浜福鶴吟醸工房があるので、ここに行くことにしました。
ところが団体客がおられ、試飲は無理そうなので、あきらめました。
灘に来ているのに試飲ができなく残念です。
第2チェックポイントの本庄中央公園に到着。
まだ11時にもなっていないので、
このまま先に行くことにしました。ここから山側に向かい、
国道2号線で西に向かいます。
本住吉神社に立ち寄り、
170225-05.jpg
一旦、北に向かい、弓弦羽神社を通ります。
170225-06.jpg
ゆずるは神社は、八咫烏をシンボルとしているので、
境内に御影石製のサッカーボールが設置されています。
また、名前が羽生結弦に似ているので、
羽生の活躍を祈願する絵馬も多く見られます。

今度は山手幹線を西に歩いて行きます。
この距離が果てしなく長く感じる。
さらに風がきつくなってきて歩きづらい。
第3チェックポイントの王子公園に到着。
ここで、バナナのおもてなしがありました。
ここで13時になったので、昼食をとり、
新神戸駅、生田川公園を通過。
途中、大安亭市場に立ち寄ります。
170225-07.jpg
ここは「なでしこJAPAN」のメンバーも買い物に来るところだそうです。
その後、ゴールのみなとのもり公園に着きました。
ゆっくり休憩しながらウォークだったので、
6時間25分かかりました。

170225-08.jpg
この公園の中にある
震災時刻を示す大時計です。

本日のコース。
170225-09.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

大阪城公園 梅園(2017/2/18) [自然]

2/18 またして大阪城公園へ。
定点1ではこんな感じ。
170221-01.jpg
1週間しか経っていないのに、
かなり咲いている感じです。
5~7分咲といった感じです。
(遅めの梅は覗く)
定点2はこんな感じです。
170221-02.jpg
色がはっきり分かると思います。

170221-03.jpg
楊貴妃

170221-04.jpg
ちょっと名前を忘れました(_ _)

早朝でも人が増えてきました。
来週は見頃を迎えると思います。
nice!(0)  コメント(0) 

淀川河川敷を歩こう(16/10/23)43km [ウォーキング]

昨年の10月23日、
ようやく行橋-別府100kmウォークの疲れが取れてきたので、
歩くことにしました。
といっても、いきなり43km、フルマラソンと同じ長さです。
淀川では、春に大阪から枚方までの往復のコースで、フルマラソンと同じ距離を
歩く大会がありますが、今回はワンウェイです。
それも大阪から山崎までであり、どう考えても距離が足りない、
どのようなコースを通るか楽しみでした。
集合は、桜之宮公園。
説明を聞いて、いきなり自由歩行の始まりです。
大川を上がるのでなく、
源八橋を通り、扇町交差点を右折し、
堺筋を上がっていきます。
長柄小橋を通り、淀川の左岸を上っていきます。
このコースはこれまでにも何回となく歩いているので、馴染みな道といった感じです。
170212-01.jpg
トイレも位置も把握しているので、
どこで休憩するのがよいのかも分かっています。
ただ、秋の場合、堤防には、
セイタカアウダチソウが目立ちます。
170212-02.jpg
花粉の影響があるように思いますが、
あまり影響はないらしい。
21km地点、枚方大橋を渡ります。
170212-03.jpg
いつも風が強く、帽子が飛ばされそうになる。
少し、淀川の右岸を下り、
芥川を上って行きます。
この川沿いを歩くのは初めてです。
この芥川の堤防は歩道になっており、
歩きやすいです。
JR京都線をくぐり、パナソニックの工場を過ぎると、
今城塚古墳に着きます。
この古墳は6世紀後半にできた前方後円墳であります。
この古墳にはレプリカ埴輪が200体以上が並べられており、
170212-04.jpg
初めて見たときはびっくりしました。
近くには今城塚古代歴史館があります。
ここから反転し、
JR高槻駅近くを通り、高槻城跡公園に向かいます。
高槻城と言えば、最近、福者となった高山右近が城主となったところですね。
今は、交通公園になっていました。
170212-05.jpg
ここで昼食休憩。

この後、淀川の右岸に戻り、上って行きます。
鵜殿の葭原と呼ばれて言うところを通過。
170212-06.jpg
写真の奥で、細くなっているところが
山崎の戦いがあったところになります。
水無瀬で淀川から離れ、水無瀬神社を通過。
そして、サントリー山崎工場の側を通り、
170212-07.jpg
ゴールのJR山崎駅に着きました。
100kmで足を痛めたとのウォーキングでしたが、
足の痛みが再現することもなく、済みました。
6時間45分の歩行でした。
今日のコース。
170212-08.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

城北公園 梅園(17/02/12) [自然]

2/12は城北公園へ散歩。
普段、ここに来るのは、八重桜の咲いたとき、
あるいは菖蒲園の時が多いけど、
今回は、気分展開のため…

寒々した感じですが、
ここにも梅園があります。
170213-01.jpg
白い梅ですね。小梅です。
170213-03.jpg
拡大すると、こんな感じ。
170213-04.jpg
赤い梅もあります。
170213-02.jpg
鹿児島紅です。
赤色7なので目立ちます。
170213-05.jpg
しかし、この2種類しか見当たりませんが、
大阪城公園よりは咲いているかな。
(花の種類にもよるのでしょうが)

池の近くにある高い木メタセコイアも
茶色になり、春の感じと異なります。
170213-06.jpg





ちなみに春の様子は
170213-07.jpg
こんな感じです。
また八重桜のときは、
170213-08.jpg
冬と違って鮮やかです。
季節的には、春の訪問がいいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

第18回 行橋-別府100キロウォーク in 2016 番外編 [100kmウォーク]

今回の100kmウォークでタイムが遅くなったり、
足を痛めてしまった原因は、
天気、雨のせいだろうと思いますが、
5月の岡山でも雨でした。

今から考えると次のことが原因と思っています。
1)休憩が長く、身体が冷えてしまった。
  雨のため、着替えたり、
  テーピングの張り直しなどで
  1休憩に30分以上かかることが多かった。
  そのため、身体が冷え切ってしまい、
  足を痛めてしまった。
  岡山の時はそんなに長い休憩は無かった。
2)食事をほとんど取っていない。
  ウォーキング中に自らとったものは、
  うどんのみ。
  後は提供されたバナナ、なし、
  ぜんざい、スープだけだった。
  100kmも歩くのだから、
  途中の栄養補給が足りなかった。
  これも休憩がこれ以上長くなるのを
  避けてしまったのもあるが、
  やはりしっかりと取らなければいけない。
  岡山の場合おもてなしが多いので、
  それで十分であるが、
  行橋-別府では、途中の食事は大切。

次回の時は気をつけたいと思います。

ゴール後、ふぐの雑炊を食べる
170208-03.jpg
ふぐの姿は分からなかったが、十時間ぶりの食事でおいしかった。
この後、チャレンジャーは無料で入ることができる
北浜温泉(テルマス)で汗を流す。
脹ら脛の痛みはあるが、歩くことはできたし、
以前は必ずできた股ズレも「馬油」のおかげで
できなくなったので、風呂に入ることができるようになった。
参加人数が多いので、そこそこ混んでいます。
タオルは持参しないといけない。

風呂上がりに、肉刺の処理をしたが、
脹ら脛の痛みが復活。
整骨院にしてもらったテーピングで
痛みが治まっただけであった。
この後、タクシーで駅に向かった。
帰りの電車は14時台を取っていた。
まだ3時間以上ある。
予定は、6時台にゴールして、
風呂後に別府観光と考えていて
14時に予約にした。
しかし、足が痛くて観光どころではない。

昼ご飯を食べることにした。
別府の食事と言えば、調べると、鶏天。
駅前にある「とよ常」が有名店らしいが、
もう既に店前に人がたむろうしている。
時間はあるが、1人でここまで並ぶ気が無いので、
別府駅内にある「春かつ」にいくことにした。
この店では鶏天でなく、鶏カツを押していたので、
こちらをいただくことにした。
170208-05.jpg
柔らかく、久々のタンパク源。
疲れた身体にはいいねえと思いながら食べた。

その後、ベンチで座っていたが、眠たい。
乗り過ごしもいやなので、
プラットホームの待合室で2時間くらい座っていた。
(格安切符を購入したので、時間を変更すると、通常料金になるので変更はできない)
小倉駅では、駅内にあったうどん屋さんで
170208-06.jpg
「ゴボ天かしわうどん」を食べた。
170208-07.jpg
かつお昆布出汁がおいしく、出汁がしゅんだゴボ天は最高!
さらに煮込んだかしわもおいしい。

小倉駅前には、
メーテル・鉄郎像と
170208-09.jpg
ハーロック像があった。
170208-10.jpg
松本零士が小倉に住んでいたことがあるからだそうです。

新幹線に乗る前に
「かしわめし」を購入。
170208-08.jpg
コンビニのかしわ飯ですが…
よく考えると、終わってからの食欲がすごい。
身体が失ったカロリーを取り返そうとしています。
こんなんだから体重が減らせないのだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

大阪城公園 梅園(2017/2/11) [自然]

今日は歩きに行く予定にしていました。
一つ目の候補は奈良県明日香村。
しかし、朝現地の天気を確認すると、雪。
途中から降るのなら許せるけど、
これは辛いなあと思い、あきらめ。
そしてその次に考えたのが、京都で開催されるウォーキング会。
しかし、大雪警報で中止になりました。

そのため、今日は大阪城公園への自主トレになりました。

いつも通り、梅園の様子を報告します。
定点1からの観察。
170211-01.jpg
かなりの花が咲いています。
朝から写真を撮りに来ている人も増えましたね。
定点2からはこんな感じ。
170211-02.jpg
かなり赤色や白色が目立ちます。

早咲の花はもう満開を過ぎたかなという感じで
普通咲きの花が3分程度という感じです。

私が好きな花
170211-03.jpg
「月の桂」はほぼ満開です。
(同名の日本酒が好きだからやろ?)
170211-04.jpg
純白の一重の花で、萼片は緑色のため、
花の色にも青みが加わって見えるため、
鮮やかに見えます。

他にも
170211-05.jpg
緑萼です。
枝が緑色なので、目立ちます。


170211-06.jpg
鈴鹿の関です。
小柄の一重のピンク色の花です。

170211-07.jpg
さらにピンク色なのが、道知辺です。

まだ、訪れるには早いですが、
空いているときにゆっくりと見るのなら、
来週くらいかな。
ただ来週も寒いので、遅れるのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 

第18回 行橋-別府100キロウォーク in 2016 後編 [100kmウォーク]

75.1km地点、山香休憩所からです。
先ほど下った坂を登るのですが、かなり堪える。
たかが数メートルだったのですが、もうだめ。
次の峠までの平ら道なのですが、本当に辛い。
数百メートル歩いては止まることを繰り返しました。

2番目の峠、七曲り峠の入口の到着です。
ここからは国道10号線から外れ、歩行専用道になります。
入口では、バナナの提供有り、まず食べる
ただ、ここはリタイアポイントではなかった…
ここからは700mで標高100mを登るため、
急坂で有り、そのため、7カ所も曲がるので、この名が付いています。
坂がきついので、杖が借りられます。
思い切って登って行くことにしました。
元々上りは好きだから大丈夫かと軽い感じでした。

しかし、疲れている足には堪えた。
数メートルしか登れない。
でもこの坂の両端には、ランタンが置かれていて、
とても神秘的。それが力を生んだ。さらに杖の力でなんとか乗り越えた。

峠の頂上についたけど、今度は下り坂。
恐くて足が前に出ない。
5分ほどたち止まっていたが、ようやく前へ。
杖を前につきながら一歩一歩進むが、
足が痛くて10歩しか進めない。
歩行専用なので、救いの手もこない。
他の人も自分のことで一杯のでしょう。
何百人も抜かされていきました。
声も掛けてもらうこともなかった。
自分で何とかしなくては…
とりあえず峠を下ろう。
そしてそこでリタイアしょう。
下り坂は2kmでしたが、
1時間かけて降りました。

ここで杖を返すのですが、スタッフが居ないため、
リタイアができない。足を引きづりながら、
100m進んでは休憩ということを繰り返し、
最後の峠「赤松峠」の手前のコンビニに着いた。

ここのコンビニでは、ベンチが設置されていて、
ゆっくり座ることができた。
雨も上がったので、レインコートも外し、
痛んでいる足を自分でマッサージをしてほぐした。
最後の峠は標高132m。
今までと比べると、低いので、何とかなるかと思い、進み始めた。
時間は5時、ようやく空が明るくなりつつある。
サンリオハーモニーランド側を通り、また下り坂に入った。
もう足の踏ん張りがきかない。
50m進んではガードレールにもたれかかった。
第3チェックポイント日出町に行くぞ!
170107-19.jpg
これだけでの気持ちでなんとか到着した。

ここのチェックポイント、
整骨院によるマッサージを受けられることでお願いした。
痛んでいる右足の脹ら脛を中心にしていただいたのですが、
「あなた、過去に左膝痛めたことある?」
と聞かれた。確かに歩けることもできないほど痛めたことがあったが、5年前。
もう今は痛くもないけど…
「分かるのですか?」
「ちょっと普通とは違うね」
「そうなんですか…」
「それと右膝は痛くない?」
「えっ!痛くないけど…」
「それならいいけど、ちょっとね…」
この大会が終わった後、右膝を痛めることが分かることになるのですが、
まだこのときは全く気づいていませんでした。
右の脹ら脛をテーピングしてもらいました。
すると、どうでしょう。
あれほど痛んでいた足が、全く普通に歩けるになっていました。

トイレ休憩とスープをいただいて、
最後の14kmを歩き始めた。
先ほどの歩き方は全く異なり、
ほぼ普通の歩行に変わった。
別府湾ロード歩き始める。
湾の向こうには別府の町が見え始めた。
時間はかかるが、ゴールはもう少し。
これだけ苦しんだ100kmはない。

あと5kmになったとき、前方に100kmウォークで有名な「がんばれおじさん」がいました。
いつも励ましの言葉を掛けている方だそうです。
はっきり聞き取ることはできなかったが、
力をいただきました。

あと4km。
170107-20.jpg
ここからカウントダウンが始まります。
ここまでの苦しみを思い返すと
涙線を緩んできます。
ゴールが近づくと、先にゴールした方、応援の方から拍手で迎えてくれます。
170107-21.jpg
そして、歩きながらゴールの写真撮影となりました。
170107-22.jpg
(写真はゴール後に私が撮影したもの)
1人1人完歩証をいただきました。

過去4回、100km歩きましたが、
今回が一番しんどかった、
そして、一番悪いタイムでした。
今度は、天気がよいときに、いい調子で歩きたいです。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

第18回 行橋-別府100キロウォーク in 2016 中編 [100kmウォーク]

続きです。

19時前、レインコートを着てリスタートです。
せっかく雨対策したのに、
雨小降りになってきました。
レインコートでは蒸し風呂状態になるので、
コンビニの軒下でまた100均カッパに交替です。
着替えてからしばらくするとまた本降り。
しかし、着替えるところがなく、そのまま歩いていくことに。
目の前にTOTOの工場が見えてきました。
ここはトイレ休憩場所になっているので、
ここでまたレインコートに着替えるため寄りました。
ここのトイレは最新式になっていることで体験しょうと思っていましたが、
先客がかなりいたので、諦めてしまいました。
ただ、ここの休憩所は広く、温かい飲み物もサービスしてくれます。
雨の中なので、とても助かります。
中津中央公園で休憩より、ここで休憩するのも有りかなと思いました。
(直前1.5km前にコンビニもある)
(このTOTOでのおもてなしを受けて、わが家のトイレのリフォームはTOTO製にしました)

ここから1.5km先に梨の提供のある土屋農園に到着。
今年は不作と言うことでしたが、
1人2切れまでということでいただきました。
助かります。おいしかったです。

この後、有料食の販売場所が2カ所ありましたが、
休むとさらに疲れるし、少しでも先に行きたいということでパスしました。
宇佐市に入ります。
第2チェックポイントも宇佐なのですが、
チェックポイントまでまだ15kmあります。
宇佐と思わず歩くようにします。
53.7km地点、ジョイフルさんがスープを用意してくれていました。
雨で冷えた身体には助かります。
ここから第2チェックポイントとなる61.6kmまでが本当に道のりが長く感じました。
何回か雨の酷さでくじけそうになりますが、
他の参加者と励ましながらなんとか到着しました。
23時30分でした。

歩き始めてからまともな食事をしていないので、
ここで、うどんを食べることにしました。
温かいうどんは助かります。
テントで、靴下を脱ぎ、足裏の手入れをします。
雨で濡れた足はふやけていましたが、
タオルでしっかり乾かし、
テーピングを行います。
残り39kmですが、雨の中、なかなか歩いていくことができません。
リタイアバスに向かう人も何人も見かけました。
ようやく気を引き締めて出発することにしました。
もう日は変わっていました。

ここから第3チェックポイントの日出町まで16kmなのですが、
この間に峠越えが3つ有り、この100kmの最大の難関です。
まず、一つ目、立石峠(標高147m)です。
なめらかの上り坂ですが、
第2チェックポイントから6kmの道で登って行きます。
雨の中、歩いていたのですが、左足の脹ら脛の張りが出てきます。
途中、足をもみながら歩いて行くのですが、スピードが出ません。
数人で歩いて峠への道を歩いていたのですが、
徐々に取り残されてしまい、一人で歩くことに。

ようやく峠に到着し、ここから緩やかな下り坂になるのですが、足が動きません。
後ろから次々と抜かされていきます。
本道でも、リタイアバスが次から次へと
抜いていきます。
もう、気がめげます。
それでももう少し歩こうと思い、
75km地点山香休憩所に到着。

休憩所はコースからわずか下るのですが、
もう踏ん張ることができません。
ここではぜんざいの提供があるので、
まず食べることに。
疲れているし、雨で身体が濡れているのでとても助かります。
しかし、いすが空いていなかったので
立ったまま食べていました。
足はぼろぼろ、
もうリタイアしょうと思ったのですが、
リタイアバスが混んでいて、この場所に来るのは1時間後と言われ、
もう少し歩こうと気持ちを変えて、前に進むことにしたのでした。
(このときは、たぶん午前3時前ではなかったかな。)
しかし、この判断が、これからの地獄への苦しみを味わうことになります。

次に続く。





nice!(0)  コメント(0) 

第18回 行橋-別府100キロウォーク in 2016 前編 [100kmウォーク]

ご無沙汰しております。
1月に体調を壊してしまい、
あまり歩けていません。
そのため、天気が悪いときは、おとなしくしております。

さて、続きを書きたいと思います。
正八幡宮を過ぎ、線路沿いを歩いてから、
今川の河川敷を下っていきます。
1分ごとのスタートですが、
それなりに人がいるので、
自分のペースト同じ速度で歩いている人を見つける
ことをしましたが、黄色ゼッケンではなかなかいません。
とりあえず、前とのスペースを保てるところを歩くことにしました。
170107-14.jpg
河川敷なので、車の心配も無い。
また、たくさんの方の応援も有り、
とても歩きやすいところです。

前方と間隔が詰まってきたなと思うと、
2.9km地点の沈下橋に近づきました。
170107-15.jpg
もう少し遠方から撮影すると、
川の中を歩いているような感じに撮れるそうですが、失敗ですね。
人が1人しか渡れないところを歩くため、
どうしても列ができてしまいます。
170107-16.jpg

この橋を渡ったところには、
この100kmでは有名な「プロペラ君」が立っていて、
全員とハイタッチをしております。
この「プロペラ君」、
スタートして誰よりも早くここまで来て、
全員とハイタッチしてから、100kmを歩かれている方だそうです。
私も無事「プロペラ君」とハイタッチをして通過しました。
この後、しばらくすると、予想通り、雨が降り始めました。
まだ激しくないので、100均の雨カッパを着て、
岡山100kmの時に用意した、靴カバーを付けて歩き始めました。
5.4km市民体育館が最初のトイレ場所ですが、
たくさんの方が行かれていたのでパス。
その次の総合公園も多かったです。
初めての道なので、どこにトイレがあるかがわからないのが困りますね。

祓川を過ぎ、沓尾漁港を通ります。
ここでも地元の人の応援をいただきます。
ここにもトイレがあったそうですが、見逃してしまいました。
スタートの1時間前から列に並んでいるので、
まだそんなにも歩いていないのですが、
トイレに行きたくなってしまいます。
(雨で身体が温もらない影響もある)

9.1km地点ここのえ牧場の店の左側に海水浴用トイレを見つけ、そこでと入れ休憩。
コースから離れた位置のトイレに入ることになってしまいました。
(ここから500m先にコース近くにトイレがありました。)
雨が少し止んだので、カッパを脱ぎ、歩き始める。
しかし、すぐに雨が降り始めました。
(空が少し明るくなったので、一時的に止むかと思ったけど)

長井海水浴場では、砂浜を歩くことになります。
170107-18.jpg
天気の時は、靴の中に砂が入るので、
ここから出たときは、砂抜きが必要とのアドバイスがあったけど、
今回は濡れているので、そんな心配は無し。
砂浜から階段を上がり、海岸線に沿って歩き始めます。
170107-17.jpg
人数が多いので、かなり多くの歩いている様子が分かると思います。
カッパの方も、傘の人もいるけど、
手がだるくなることはなかったのかな…

15.6km地点で100円でペットボトルの販売有り。
このことを知っていたので、あらかじめポケットに100円を準備していました。
ここで休憩している人も多かったのですが、
雨がひどくなる前に先に行くことにしました。
ここからは国道10号線に沿って歩くことになります。
そのため、ここからの道は狭くなるので、
自分のペースと同じ人の後ろでないと、歩きづらくなると思います。
(ここからは雨がひどくなったので、撮影もしていません)
20km地点浜の宮大橋で給水ポイント。
水、スポーツドリンクの補給が可能で、
空になったペットボトルに補給。
この後、只管10号線を歩きます。
豊前市を過ぎ、大分県に入ります。
中津市の歩道橋を渡ると、第1チェックポイントの中津中央公園(36.1km)です。
18時30分に到着しました。
雨の中約6km/hなのでまあまあのペースです。
ところが、ここでのテントが少なく、座る場所がない。
他の人がリスタートしたところに入り、
100均カッパからレインコートに切り替え、
また、夜の照明も準備したりしたので、
25分ほどかかってしまいました。
晴れているのなら、この手前で夕食を買って、食べるのがよいかもしれません。
今回は、時間が余計にかかったので、支給のバナナ半分だけでスタートです。
栄養補給が間違ったと思います、次回の時は補給場所を考える必要があり)

次回に続く。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -